PRODUCTS製品案内

極低温SPM

PPMS用SPM

attoCFM IIxs

attoCFM IIxs

1インチボア用極低温共焦点レーザ走査型顕微鏡

attoCFM IIxs

attoCFM IIxsは光ファイバーベースの極低温共焦点顕微鏡です。対物レンズは光ファイバーに直結しており、顕微鏡ハウジングは極めてコンパクトにできています。その為高い安定性を持ちます。例えば1個の量子ドットを数週間にも渡って安定したシグナルを取ることができます。

仕様

一般仕様
形式 光ファイバーによる共焦点顕微鏡、極低温対応対物レンズ
センサーヘッド 光ファイバー接続式非球面対物レンズ
共焦点ユニット
配置 1本の光ファイバーを励起光、シグナル光洋に使用。50/50ファイバーカップラー(LDM600に内蔵)
ピンホール シングルモードファイバのコア
ピンホールサイズ ファイバーに依存(3-9µm)
極低温対物レンズ LT-IWDO, LT-LWDO
励起光
励起光波長 標準650nm(他はお問い合せ下さい)
シグナル光
検出モード 反射光、ルミネッセンス、蛍光
検出光波長領域 シングルモードファイバに依存(標準650nm)
試料粗動機構
移動範囲 3 x 3 x 2.5 mm3(オープンループ)
ステップサイズ 0.05..3 µm @ 300 K, 10..500 nm @ 4 K
スキャン範囲 30 x 30 µm2 @ 300 K
15 x 15 µm2 @ 4 K(オプション)
試料ホルダー Tiプレート(温度センサー、ヒーター内蔵)
動作環境
温度範囲 1.5 K..300 K (クライオスタットに依存); mK対応可能
磁場範囲 0..14 T+ (マグネットに依存, 16T対応はお問い合わせください)
圧力・真空度 ヘリウム交換ガス中
設置空間
ハウジング直径 23.9 mm
ボアサイズ 1インチ (25.4 mm)ボア
対応クライオスタット クライオスタット対応表を参照してください
エレクトロニクス
スキャンコントローラ ASC400
レーザー LDM600レーザー・検出器モジュール

ダウンロード

メーカーサイトへのリンク