PRODUCTS製品案内

極低温SPM

PPMS用SPM

attoRAMANxs

attoRAMANxs

1インチボア用極低温ラマン顕微鏡

極低温ラマン顕微鏡は、高感度ラマン光学系と、高分解能極低温共焦点顕微鏡から成り、極低温・最大14Tの高磁場中ラマンイメージが可能になります。

仕様

一般仕様
形式 フリービーム光学系及び極低温用対物レンズ、高効率ラマン分光器による極低温ラマン顕微鏡
センサーヘッド 極低温アクロマティック対物レンズ、高NA
共焦点ユニット
配置 モジュラーデザインによる多チャンネル光学系
ピンホール ファイバーアパーチャーをピンホールとして使用(励起光ポート、シグナル光ポート)
ピンホールサイズ ファイバーに依存(3-9µm)
極低温対物レンズ LT-APO/VIS, LT-APO/VISIR, LT-APO/NIR
モニターカメラ 試料モニター、視野角約75μm(attoDRY使用時), 約56μm(attoLIQUID使用時)
励起光
励起光波長 400-1000nm(標準532nm)
励起光用ポート FC/APCコネクター(シングルモードファイバ)またはフリービーム導入
光源 ラマン用レーザー、シングルモードファイバ結合またはフリービーム結合
レーザーパワー(試料上) 1 pW- 10 mW
フィルター レーザーラインフィルター
シグナル光
検出モード 2Dラマンイメージ, 時系列及びシングルポイントラマン分光等
分光器 高透過分光器 f=300 mm
光透過率 >60% (532 nm)
フィルター ダイクロイックミラー及びエッジフィルター(レーザー波長から90 cm-1)
グレーティング 600/mm及び1800/mm
波数分解能 1 cm-1 (1800/mmグレーティング使用時)
CCDカメラ 効率90%(532nm), 100kHzリードアウトコンバーター
試料粗動機構
移動範囲 3 x 3 x 2.5 mm3 (オープンループ)
ステップサイズ 0.05..3 µm @ 300 K, 10..500 nm @ 4 K
スキャンサイズ
試料ホルダー Tiプレート(ヒーター、温度センサー内蔵)
動作環境
温度範囲 1.5 K..300 K (クライオスタットに依存); mK対応可能
磁場範囲 0..14 T+ (マグネットに依存, 16T対応はお問い合わせください)
圧力・真空度 ヘリウム交換ガス中
設置空間
ハウジング直径 23.9 mm
ボアサイズ 1インチ (25.4 mm)ボア
対応クライオスタット クライオスタット対応表を参照してください。
エレクトロニクス
スキャンコントローラ 専用ラマンコントローラ

解像度はクライオスタット、サンプル等に依存する場合があります。

ダウンロード

メーカーサイトへのリンク