PRODUCTS製品案内

極低温SPM

PPMS用SPM

attoSHPMxs

attoSHPMxs

1インチボア用極低温ホール素子顕微鏡

attoSHPMxs

attoSHPMは、極低温・高磁場中測定用のコンパクトな走査型ホールプローブ顕微鏡です。その心臓部にはMBEによるGaAs/AlGaAsホールセンサーを使用し 磁場を高感度で検出します。試料上を走査することで、局所的な磁場を測定しマッピングすることができます。非侵襲的に測定が行われますので、超伝導体や磁性体 の研究に最適です。

ホールプローブの場合、空間分解能に関してはあまりよくありません、その真価は局所的な磁場を定量的に得ることができる点にあります。超伝導体や磁性体の観察ツールとしてはユニークな知見を与えます。

仕様

一般仕様
形式 走査型ホールプローブ顕微鏡
センサーヘッド MBE成長ホールセンサー
動作モード
イメージングモード 一定高さモード
スロープ補正 2軸スキャン面補正
Zフィードバック トンネル電流による距離調整(オートアプローチ時のみ)
解像度
ホールセンサーサイズ 400nmまたは250nm
磁場感度(4K) 1500 V/AT
等価磁場ノイズ(理論値) 15 nT/√Hz(4K, 40 µAホール電流)
80 nT/√Hz(77K, 40 µAホール電流)
磁場検出限界 15 µT (typ. 帯域幅10Hz, 277 Hz)
z bit解像度 57 pm (15 µm スキャン幅にたいして, 4K)
試料粗動機構
移動範囲 3 x 3 x 2.5 mm3 (オープンループ)
ステップサイズ 30 x 30 x 4.2 µm3 @ 300 K
15 x 15 x 2 µm3 @ 4 K
試料ホルダー ASH/PCB/4 (電極4本、温度センサー、ヒーター内蔵)
動作環境
温度範囲 1.5 K..300 K (クライオスタットに依存); mK対応可能
磁場範囲 0..14 T+ (マグネットに依存, 16T対応についてはお問い合わせください)
圧力・真空度 ヘリウム交換ガス中
設置空間
ハウジング直径 23.9 mm
ボアサイズ 1インチ (25.4 mm)ボア
対応クライオスタット クライオスタット対応表を参照してください
エレクトロニクス
スキャンコントローラ ASC500

ダウンロード

メーカーサイトへのリンク