PRODUCTS製品案内

磁気計測

グラディオメーター

Grad601

Grad601

グラディオメーターシステム

Mag601は一軸グラジオメータ、データロガー、バッテリー、持ち運び用のバーから構成される縦方向のグラジオメーターシステムです。1つのグラジオメータにつき2つのフラックスゲートセンサが1mの間隔で内蔵されています。1mの間隔があることで、安定性があるとともに深部からの高レスポンスが得られます。カリブレーションはプッシュボタン式で容易です。データ測定はグリッドモードとNMEAモードが選択でき、調査エリアの地図をつくることができます。

Grad-01-1000Lセンサ

Grad-01-1000センサはセンサ間の距離が1mの安定度の高く、0.03nT/mの測定ができるグラディオメータです。温度安定性がよいため、調査中のドリフトを最小に抑え調整の必要を最小源に抑えます。センサはエレクトロニクスと校正データ保存のための不揮発性メモリがあり、独立して動きます。

センサ仕様
軸数 1軸
センサ間距離 1m
磁場勾配範囲(フルスケール) ±100nT/m もしくは±1000nT/m
帯域幅 DCから14Hz
感度 0.03nT/m
校正エラー ±2%
周囲の最大磁場 ±100µT
ドリフト 24時間に<1nT
サイズ 38mm(Φ) x 1050(L) mm
重量 0.83 kg
コネクタ 12-way Tajimi R04-R12M
電源供給電流 60mA
センサスペーシング 250mm以上
使用温度 -20°Cから+70°C
対応環境 IP65

 

データロガー

データロガーは、シリアルRS232ケーブルによる測定値の保存やPCに保存されたデータのダウンロードに用います。すべての機能は6つのキーのコントロールパネルとLCDディスプレイにより設定できます。
データ測定はグリッドモードかNMEAモードと選択でき、NMEAモードはリアルタイムでデータをパソコンに送信し、場所の情報とともに地図が作成できます。グラジオメータを動かく速度により、サンプリングレートを調節できます。

仕様
センサ Grad-01-1000Lセンサを1つもしくは2つ。
磁場勾配測定範囲 ±100nT、±1000nT
精度 ±100nTの範囲にて0.01nT(グリッドモード)
±1000nTの範囲にて0.1nT(グリッドモード)
制御の遅れ 27ms
データロギング 125kデータポイント(不揮発性)
データ出力 RS232インターフェイス
USBコンバーター付属
NMEA出力可能。
サイズ 160(h) x 80(w) x 60(d) mm
重量 0.49 kg
コネクタタイプ Grad-01-1000L: 12way Tajimi R04-R12F 2個
RS232出力: 9-way D type
バッテリー: 2-way Amphenol 62GB-57A8-2P
必要供給電源 9-18V DC, 45mA(最大)

 

主なアプリケーション

  • 物理調査。
  • 考古学探査。
  • 科学調査。
  • 地中のパイプ、ケーブルなどの検知。
  • 不発弾(UXO)検知。

 

ブローシャー

 

アプリケーションノート

地球物理

 

ケーススタディ

 

メーカーサイト