PRODUCTS製品案内

極低温SPM

極低温CFM

Voigt配置オプション

Voigt配置オプション

極低温共焦点レーザ走査型顕微鏡オプション

Voigt Config

多くの磁場中分光測定では、磁場と光の方向を変えることで興味深い振る舞いが見られることがあります。attocubeのASH/QE/4CX/CFM試料ホルダーとVoigt配置用対物レンズ, LT-APOなどの組合せにより、Faraday配置, Voigt配置の切り替えを容易に行うことができます。

Faraday配置では試料は水平に取り付け縦磁場を加えます。この場合LT-APOのどのタイプでも使用できます。

Voigt配置では、試料を縦置きに取り付け、試料面に平行に縦磁場を加えます。Voigt配置用対物レンズに交換することで、対物レンズ内部で光路を90°曲げ試料上に焦点をあわせます。

 

仕様

Voigt-IWDO対物レンズ
クリアアパーチャー 5.0 mm
NA 0.68
作動距離 1.5 mm
波長領域(ARコーティングによる) 400-600 nm, 600-1050 nm, 1050-1600 nm, ARコーティング無しもあります。
対物レンズ 非球面
対応 attoCFM I

メーカーサイトへのリンク