PRODUCTS製品案内

エレクトロニクスElectronics

Zurich Instruments社製品

SHFSG

SHFSG

8.5 GHzシグナル発生器

SHFSG

Zurich Instruments社のSHFSG シグナル発生器はスプリアスフリーな1GHzの帯域幅を持つ変調と同時にDCから8.5GHzの周波数範囲で量子ビット制御シグナルを発生します。
SHFSGでは周波数アップコンバージョンのためにミキサー校正が不要でシステムチューンアップの省時間に有効なダブルスーパーヘテロダイン方式を使用しています。
SHFSGは14bit分解能を持つ4または8アナログ出力を備えており、LabOneのAPIやLabOne QCCSソフトウェアから制御され、最大数百量子ビットまでのプロジェクトに対応できます。


PQSCを使って同期することで、複数のSHFSGをZurich InstrumentsのQCCSの一部として多量子ビットシステムの制御に用いることができます。先進的なシークエンサーと低レイテンシーシグナル処理ライン、低位相ノイズシンセサイザーにより高い忠実度と低いレイテンシーを持った多量子ビットゲート操作が可能になります。




主な特徴

  • 4または8出力チャンネル、最大8量子ビットの制御
  • 1GHzの帯域幅とミキサー校正なしでDCから8.5GHzまでのオペレーション
  • 低位相ノイズ、低スプリアストーンにより高い忠実度
  • 外部増幅器なしで高出力短時間ゲートパルス
  • 14bit出力、6GSa/s
  • LabOne QCCSソフトウェア、LabOne, Python, C 、Matlab用LabOne API

仕様

SHFSG
寸法 449 x 460 x 145 mm (19″ rack)
重量 15 kg
電源 AC: 100- 240 V, 50/60 Hz
RF出力チャンネル 4または8
周波数範囲 DC~8.5GHz
帯域幅 1 GHz
出力範囲 -30 dBm から +10 dBm
出力インピーダンス 50 ohm
D/Aコンバージョン 14 bit, 6 GSa/s (内部3X内挿後)
出力電圧ノイズ密度 -135 dBm/Hz (1 GHz, 10 dBm, offset > 200 kHz)
-140 dBm/Hz (4 GHz, 10 dBm, offset > 200 kHz)
-144 dBm/Hz (6 GHz, 10 dBm, offset > 200 kHz)
-144 dBm/Hz (8 GHz, 10 dBm, offset > 200 kHz)
出力位相ノイズ -90 dBc/Hz (6 GHz, carrier offset 1 kHz)
-98 dBc/Hz (6 GHz, carrier offset 10 kHz)
-100 dBc/Hz (6 GHz, carrier offset 100 kHz)
出力ノイズ(>200kHz) <30nV/√(5Vp-p,増幅モード), <12nV/√(Hz)(ダイレクトモード)
出力レベル精度 ±(1 dBm of setting)
スプリアスフリーダイナミックレンジ(高調波除く) -74 dBc (1 GHz, 0 dBm)
-66 dBc (4 GHz, 0 dBm)
-60 dBc (6 GHz, 0 dBm)
-65 dBc (8 GHz, 0 dBm)
出力高調波成分(最大) -40 dBc (1 GHz, 10 dBm)
-40 dBc (4 GHz, 10 dBm)
-38 dBc (6 GHz, 10 dBm)
-36 dBc (8 GHz, 10 dBm)
マーカー出力 チャンネルあたり1つ、フロントパネルSMA端子
マーカー出力電圧 0V(Low), 3.3V(High)
マーカー出力インピーダンス 50 ohm
マーカー出力ライズ時間 300 ps (20%から80%)
トリガー入力 チャンネルあたり1つ、フロントパネルSMA端子
トリガー入力インピーダンス 50 ohm/ 1 kohm
AWGコア チャンネルあたり1つ
波形垂直分解能 14 bitアナログ出力、2 bitマーカー出力
波形メモリー チャンネルあたり100 kSa
シークエンス長 AWGコアあたり16 kインストラクション
AWGサンプリングレート 2 GSa/s
最小波形長 32 Sa



ダウンロード

メーカーサイトへのリンク