PRODUCTS製品案内

エレクトロニクスElectronics

Zurich Instruments社製品

UHFQA

UHFQA

量子アナライザー

UHFQA

チューリッヒ・インストゥルメンツ社の量子アナライザーは超伝導、スピン量子ビットなどの同時読み出しを最大10量子ビットまで行うユニークな量子コンピュータ用ツールです。高速で高忠実性を誇り600MHzまでの範囲をナノ秒の分解能でカバーします。

主な特徴

  • 単測波帯による1.8 GSa/s, &plusmn600 Mhzの測定範囲
  • 12-bitデュアルチャンネル入力, 14-bitデュアルチャンネルAWG
  • 最大10量子ビットまでの並列読み出し
  • 構成可能なマッチドフィルター、信号調整、クロストーク抑制
  • LabOne®制御ソフトウェアとPython, C, MATLAB®, LabViewTM, .NET用API

高速リードアウトと高忠実性

UHFQA signal processing

UHFQAは測定対象の透過振幅と位相を調べるためパルス測定を行います。信号対雑音比(SNR)を最大にするにはパルスシェーピングとマッチドフィルタリングという2つの方法があります。任意波形発生機能によるパルスシェーピングにより低応答デバイスであってもリングアップ、リングダウン時間を最小限に留めることができます。またUHFQAに内蔵されるデジタルフィルタのステップ応答は、各フィルタの4 kSa長の重み関数をプログラムすることでデバイスの遷移応答にマッチすることが可能です。

仕様

量子ビット測定ユニット
フィルターメモリー 4096 Sa/Ch
リアルタイムマトリックス操作 1x デスキュー(2 x 2 実数)10x rotation (2 x 2 実数) 1x クロストーク抑制 (10 x 10 複素数)
マトリックスエレメント 範囲 -1 から +1 分解能 <20e-6
データーロガー メモリー 1 MSa217平均
モニタースコープ チャンネルあたり4096サンプル, 2チャンネル
統計単位 ビットパターン中論理的1のカウント数ビットパターン中の遷移のカウント数
UHF信号入力
周波数範囲 DC – 600 MHz
入力インピーダンス 50 Ωまたは1 MΩ||18 pF
入力電圧ノイズ 4 nV/√Hz 100 kHz以上
入力電圧範囲 ±10 mV から ±1.5 V
A/D変換 12 ビット, 1.8 GSa/s
任意波形発生機能
チャンネル数 2
マーカー チャンネルあたり2
D/A変換 14 ビット, 1.8 GSa/s
出力範囲 ±150 mV, ±1.5 V(高インピーダンス負荷)-12.5 dBm, +7.5 dBm (50 Ω負荷)
波形メモリー 128 MSa/ch(Main), 32 kSa/ch(キャッシュ)

 

ダウンロード

メーカーサイトへのリンク